『店長は背中で語れ』

2014年12月4日に発売、吉田の初めての著書です。


アマゾンでの受注生産方式ですので書店には並んでおらず、ネット限定の販売です。


飲食店の店長を対象に、基本的なことを中心に事例を含めて書き上げました。


             ~目次~

序章 店長は人間育成業

 1.業績は店長によって上下10%以上は変わる

  ①売上の最大要因は「人」

  ②基本を素直に学び、理解する

  ③人を成長させられる人しか成長しない

 2.店長!あなたは工場長ですか?! 飲食店の店長ですか?!

  ①人不足による二極化

  ②人生の1ページに必ず出てくる飲食店

 3.店長は店舗の経営者、そして人間育成の要

  ①失敗の経験より

  ②人間育成


第1章 まだまだ現場で出来ることはある!!

 1.一番商品とクチコミ

  ①一番というクチコミ要素

  ②一番が新規客を呼び込む

 2.商品を育てる

  ①一番商品は全員で作り上げるもの

  ②「売る」と「買われる」の違い

  ③工夫一つで一番になる可能性

 3.物販店と飲食店の大きな違い

  ①滞在時間とQSC

  ②飲食業はエキサイティングな商売

 4.現場ですぐに出来ること

  ①お見送り~お見送りは感謝の表現、終わりよければ全て良し

  ②お迎え~お出迎えは第一印象、そこで大半は決まってしまう!

  ③オーダー~お客様の満足はオーダーから、共に考えてあげる

  ④声というBGM~やらされている声は、お客様には通じない

  ⑤レジでの対応~支払いは最も気を使うもの

  ⑥クレーム対応~クレームは店をよくする大きなエネルギー


第2章 どうやって業績を上げたらいいのか!?

 1.基本的な売上の考え方

  ①売上の公式から分かること

   ・マーケティングの公式

   ・シェアからの行動

  ②客数アップ

   ・新規客と固定客

   ・新規客は忙しい時に来店される確率が高い

   ・新規客の心理

   ・常連客は認められたい

   ・3回安定の法則

   ・忙しい時間帯の客数アップ

  ③客単価アップ

   ・PI値を算出する

   ・PI値と顧客満足度

   ・良い客単価アップと悪い客単価アップ

   ・「売る」接客へ

  ④平均客単価とテーブル客単価

   ・客単価と滞在時間、そして移動距離は比例する

   ・テーブル客単価で店の実態を把握する

  ⑤昼と夜の利用動機

  ⑥価格の心理と利用動機

   ・予算と予算帯

   ・業態や商品価値は1.5倍ごとに分かれている

   ・すぐに手が出る3分の1の価格

  ⑦販売促進

   ・目的を明確にする

   ・店を知っていただく努力

   ・店のレベルが低い時の販促は、失敗する可能性大!

  ⑧店が醸し出す雰囲気

   ・理論よりも情熱

 2.基本的な利益の考え方

  ①原価率の1%上昇は売上にどれだけ影響するのか?

  ②何日の在庫を抱えていますか?

  ③原価意識を持つ

  ④人件費は最大の経費、しかし最高に付加価値を出すのも人件費

   ・人の成長と人件費

   ・シフト表の活用

   ・ピーク時の対応

  ⑤売上はミクロに、経費はマクロに

 3.忙しい時がその店の、その人の実力

  ①暇な時の販売促進は、費用の無駄使い

  ②忙しい時に満足を提供できなければ、売上はダウンする

  ③忙しい時の仕組みづくり

  ④忙しさへのチャレンジ


第3章 どうやって店をまとめ成長させればいいのか!?

 1.発生する問題のほとんどは人間関係、それを円滑にするのがコミュニケーション

  ①人間関係がうまくいってない職場は、お客様にも伝わってしまう

  ②まずは従業員を知ることから。基本情報を頭に入れる

  ③長所を見つける

  ④コミュニケーションの種類と組織体のコミュニケーション

  ⑤エネルギーを出させる

 2.リーダーシップの取り方

  ①上司は部下のサポーター

  ②トップダウンとボトムアップ

  ③状況に応じた3つのリーダーシップ

  ④2-6-2の法則

  ⑤店長として最低限守るべきこと

  ⑥組織と中間管理職としての役割

  ⑦理と情のバランス

 3.具体的な目標

  ①数字だけではどう動いていいのかわからない!

  ②どんな店にしたいかを分解して考えてみる

 4.従業員の育成

  ①仕事を与え続ける

  ②モデルを作る

  ③他人に教えることで本人が本当に理解する

  ④1:1.6:1.6の二乗の法則

 5.自分自身の成長

  ①思いやりと仕事の優先順位

  ②最低3ヶ月後を描いて考え行動する

  ③走りながら考える

  ④素直、プラス発想、勉強好き

  ⑤師と友づくり

  ⑥お金との付き合い方

  ⑦一流の店長を目指す


第4章 これからは店長の時代!

 1.飲食店の店長は素晴らしい仕事

  ①エキサイティングな職場

  ②常にお客さまと接している

  ③組織のトップである

  ④食に携わる

  ⑤成長できる環境

 2.飲食業の未来

  ①大きな分岐点に立つ飲食業

  ②半歩先を歩む飲食業

  ③生産者の代表でありパイプ役

  ④中小飲食店の時代がやってくる

 3.店長の時代はそこまで来ている!!

  ①一歩踏み出して仕事をしてみる

  ②本当にやりたいことに挑戦してみる

  ③未来は大きなチャンスが待っているー店長の時代


あとがき